2010年01月30日

虐待疑いの子、出席日数把握へ…海渡君事件受け(読売新聞)

 東京・江戸川区で小学1年の岡本海渡(かいと)君(7)が両親から暴行を受けて死亡した事件で、文部科学省と厚生労働省は29日、虐待が疑われる情報が寄せられた子どもについては一定期間、学校への出席日数を関係機関で共有することで、状況を把握していく仕組みを作る方針を決めた。

 江戸川区の事件では、海渡君を診察した歯科医から昨年9月、虐待の疑いがあるとの通報が同区の「子ども家庭支援センター」に寄せられていた。しかし、センターなどが海渡君が学校を休みがちになったことについて把握していなかったこともあり、情報はいかせないままで、海渡君の虐待死を防げなかった。

3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト(医療介護CBニュース)
中2女子が教室に包丁、教師が説得し取り上げる(読売新聞)
シムドライブEV、先行開発車事業…岡山県・鳥取県の狙い(レスポンス)
生野のひき逃げ 容疑で工員逮捕(産経新聞)
民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)
posted by タケウチ ヨシイチ at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。