2010年02月14日

「これ以上の説明はない」=規正法違反、石川議員の辞職に否定的−小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は8日、党本部で記者会見し、自らの資金管理団体の政治資金規正法違反事件をめぐる説明責任について、検察の事情聴取に2度応じて不起訴になったことに触れた上で、「これ以上の説明はないのではないか」と述べ、説明責任は果たしたとの認識を示した。
 また、同事件で起訴された民主党の石川知裕衆院議員の処遇については「国会議員の職務に関連して責任を問われているわけではない」と同議員の辞職に否定的な考えを示唆した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<公然陳列容疑>公共のPC使いネットでポルノ 少年逮捕(毎日新聞)
<自民>山崎拓氏、「総合政策研究所」所長に(毎日新聞)
足利再審 弁護側弁論要旨(産経新聞)
<石川衆院議員>離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
ねずみ講「ライブリー」元幹部ら3人起訴、1人は不起訴に(産経新聞)
posted by タケウチ ヨシイチ at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。